ブログトップ

Kotodamura

kotodamura.exblog.jp

3月11日。

5年前の今頃は停電で真っ暗だった。
それでも腹は減るもので、暗闇の中ラジオを聞きながら納豆をぐりんぐりん混ぜていた。

深夜日付が変わったころ、
海沿いの職場の様子が心配で見に出かけた。
初めて見る街灯のない世界。
月だけが異様に明るかった。
得も言われぬ心のざわつきを抱えて帰宅し、
1時間ほど眠ってまた職場へ出かけたのを覚えている。
e0118307_19184400.jpg

あれから生活が良くも悪くも一変した。
「知らぬがホトケ」とはよく言ったものである。
いつもどこか気持ちに澱があるようだ。

だからこそやりたい事はやらないといけないし、
好きな人には好きだと言わなければいけない。
時間は有限なのだ。
e0118307_19184465.jpg

未だに避難生活を送っている方がいる一方、東京の街は夜でも明るく、コンビニでは食べられる弁当が大量に捨てられ、電力会社の給料は上がる。

いつでもくだらないこと言っていたい。
パンケーキを齧りながら珈琲を飲んでいたい。
たがら少しずつでも暮らしを変えていきたい。

難しいことはよくわからないけれど、
違和感を忘れずに、日常をよく噛んでいこうと思う。
ついでに言うと、納豆の混ぜ過ぎはイマイチな結果になる事が多いように思う。

今はそんな事を考えている。
[PR]
by kotodamura | 2016-03-11 20:42 | 日記
<< アコースティックベース完成。 閣下スーパー商品。 >>