ブログトップ

Kotodamura

kotodamura.exblog.jp

<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2月29日。

2月29日ですよ。

「ニンニクの日」ですよ。または「吹雪く日」でもいいですよ。確かに今日は吹雪いたけれども!降る降ると言っていつも降らないフルフル詐欺に遭っている南関東でも、確かに今日は吹雪いたけれども!前回積もったのは4年前か…とにかくうるう年なんです。「うるった?」「ウチまだうるんでないわー」なんて会話も近年はすっかり聞かなくなりました。これも時代の流れでしょうか。

今朝の車内から。
e0118307_2013990.jpg

さすがに今日は暖房の壊れてるわが愛車はキツかった。屋根に雪を乗せた金属の箱ですからね。人間冷蔵庫ってなもんですよ。タイヤも付いてるので走ることも出来ますよっていう。暖房が壊れてから何回目の冬だろう。ズボラには定評あり。

e0118307_1871313.jpg

そんな今日は作業スペースにサガデンライトを着けました。
サガデンさんは南房総在住のそれはカッチョええ照明器具の製作や電気工事全般をしている方。無骨&シャレオツなインダストリー系電気屋さんです。作業テーブルには蛍光灯があるんだけれど、前方しか明るくないので右側にライトをぶら下げてみたところこれがちょうどいい!今回取り付けたのは空き瓶をシェードに使ったシリーズのもの。ちなみにカシスのリキュールの。瓶には大抵ラベルが貼ってあるでしょう。そのラベルが貼ってある面をどこに向けるかで、光の表情がまた変わるのも面白いのです。
e0118307_20162037.jpg

部屋の明かりをこれだけにすると、あらムーディー。
これはもう僕が大富豪だったらシャンパンに葉巻、OLだったら梅酒とビューネな雰囲気ですよ。現実はオジサンなので白湯と湿疹の薬ですが。

夕方、実家からみかん箱の宅配便。中身は自家菜園で採れた野菜たち。そこへ名店「重田菓子店」のどら焼きも同梱でよろしいですかよろしいですありがとうございます好物なんですいただきますってな塩梅の今日、寒かったけどいい日だったかなと。


あすから3月!
わー大変だー(何が)
[PR]
by kotodamura | 2012-02-29 20:20 | 日記

FERNANDES FRB。

e0118307_17301240.jpg

昨年の秋のイベントで、同じく出店していた方よりベースの修理のご相談を受けた。なんでも地元の楽器店では修理を引き受けてもらえなかったのだとか。その場でなんとなく受けてから3ヶ月。すっかり忘れていたところへ(オイ)、ホントに頼んできてくれたのでした。モノはFERNANDESのFRB。20年くらい前のものです。当時僕の同級生も使っていました。ナチュラルマットフィニッシュでこのピックアップ配列は、当時のカタログに載っていないのですが、ショップオリジナルとかだったのでしょうか?(誰に訊いてる?) ご存知の方…特に教えていただかなくて結構です。胸に秘めておいてください。カンジンの症状は音が出ないというシンプル故になかなか奥深いもの。

サーキットを見るとハンダはずれ・断線が数箇所。ジャックとボリュームポットもだいぶ腐食しており、さらにヘッド裏には亀裂も入っているというまさに満身創痍。僕はそんな状態だと俄然やる気が出る特異体質なので、きっちり直させていただきました。一緒にメンテしたピグノーズ(ツマミがブタ鼻のアンプね)、これがまたいい音っ!さすが、某クラプトンがレコーディングで使っただけのことはあります。

…ボリュームポット (国産の10kΩ Aカーブ シャフト径8mm シャフト長さ20mm)の手配がいちばん大変だったのはココだけの話っ。デッドストックを確保しやした。
[PR]
by kotodamura | 2012-02-21 17:27 | works

久々上京。

寒いですね。

今日はバレンタインデーです…バレンタインにまつわる甘酢っぱいハナシとかできればいいんですが、甘酢系ですと酢飯とか酢の物、または「三杯酢ってサンバイザーに似てるね!」なんてハナシしかできませんので、フレットを磨いております。あぁ、すばらしき人生。

e0118307_1924993.jpg

メイプル指板の場合、フレットを打ってから塗装する場合が多いので、当然フレットに塗装が乗る。すり合わせで取れるのだけれど、キワに塗装が残ったままのものが非常に多く、経年とともに残った塗装が目立ってくる。それを丁寧に取り除き磨いてやるとアラ綺麗。これだけで見た目がぐんとよくなるのです。

e0118307_1925154.jpg

先週は珍しく上京。

学生時代の友人とライブへ行ってきた。友人と会うのは実に12年振りくらい。毎年、会おう会おうとお互い言いつつここまで来てしまった。震災後、僕は「会える人には会えるうちに会っておいた方がいい」と考えるように。そこへタイミングよく彼から誘ってくれた。会うまでは久しぶり過ぎて何を話したらいいかとかいろいろ考えたんだけれど、会ってしまえばなんて事なく。気付けば終電もなく。

人にはいろんな時期があって、誰かに急に会いたくなる時もある。誰にも会いたく無い時期もあるだろう。相手もそうだと思うから実際に会えるってのはすごい事だよなぁ、なんて事を終電逃して泊まったホテルのベッドで考えていたんだ。

またいつかロックンロール。
[PR]
by kotodamura | 2012-02-14 18:12 | works