人気ブログランキング |
ブログトップ

Kotodamura

kotodamura.exblog.jp

カテゴリ:works( 78 )

シタールリペア③

まあとにかくキタナイ。
これをどこまで綺麗にできるか。
ちなみに写真の白いのは根元で折れた
チカリポスト。
e0118307_17044283.jpg
フレットは釣り糸的なもので縛ってある。
e0118307_17044670.jpg
謎のガムテ跡。
これも出来るだけ除去する。
e0118307_17045002.jpg
セル剥がれ多数。
e0118307_17045352.jpg
フレットを磨く。
左が磨く前。
e0118307_17045595.jpg


by kotodamura | 2019-03-06 17:03 | works

シタールリペア②

開いた。パッカン。
e0118307_17304381.jpg
開頭手術感。
e0118307_17304683.jpg
接着だけでは弱いので、
ガーゼ(綿100%がよろしい)で補強。
e0118307_17305011.jpg
異なるタイプのガーゼで二重に補強。
楽器の修理というより、
FRPで車の板金やってる気分になります。
e0118307_17305342.jpg
塗りにくい場所は筆塗りで。
e0118307_17305686.jpg


by kotodamura | 2019-02-11 17:30 | works

シタールリペア①

e0118307_17245236.jpg
楽器の仕事を再開するために
e0118307_17245629.jpg
楽器の仕事をする部屋を作ります
e0118307_17245931.jpg
なぜか最初のお客さんはシタールfromインド
e0118307_17250268.jpg
割れたボディ(トゥンバ)が
謎のコーキング剤らしいもので
接着されているので、
それらをすべて剥がすところから。
e0118307_17250504.jpg
なかなか厄介なので、
割れたら自分で何とかせずに
楽器店に持ち込むのがお財布にも
最終的には優しくなります。
(が、何とかしたくなる気持ちも分かります)

by kotodamura | 2019-02-11 17:22 | works

フィンガーランプ製作。

どんな人も表と裏があります。
フィンガーランプもまた然り。

表。
e0118307_14395390.jpg


裏。
e0118307_14395342.jpg


アッシュのワンピースと、
ローズプライのものと2種類。
厚みは約5mm。
ちょうど梅雨時とあって、
無垢の材は反りと格闘。

カーブのエッジへ向かって
なだらかなスロープになっています。
by kotodamura | 2016-07-12 14:32 | works

Sankyo ドラム式。

と言ってもパチンコでも洗濯機でもなく、置き時計のお話。「乾電池?ノンノン、男は黙ってコンセント直結じゃあっ!」という、昭和の益荒男家電のひとつである、サンキョーのドラム式時計(ザックスシリーズ)の修理のご依頼。ひとつは木目がシブいNo.304z。もうひとつはシンプルでかわいいNo.400z。どちらも電源コードを差し込んでもうんともすんとも言いません。
e0118307_15041978.jpg

分解して調べてみると、2台とも一番大事なギアが経年変化で割れていました。ウン十年前のものなので、もちろんメーカーにもパーツはありませんでした。というより、メーカーはもう時計を作っていませんでした(オイ

それならば作るしかありません。

用意したのはこんなパーツ。
身近なあそこで手に入る某時計より拝借。
e0118307_15042024.jpg

ポン付けはできないので、削って寸法を合わせると、
アラいい感じ。
e0118307_15042051.jpg

ちょこっとグリスを塗って完成。
また時を刻み始めました。
パタパタ時計もいいですが、滑らかな動きのドラム式も雰囲気があって好きです。

by kotodamura | 2016-05-07 15:16 | works

アコースティックベース完成。

e0118307_22124549.jpg

35インチ スーパーロングスケール
ボディトップ:スプルース
サイド&バック:オバンコール
ネック:マホガニー
指板:エボニー
ブリッジ:ローズウッド
フレット:三晃製作所ミディアムジャンボ
サイド&トップポジションマーク:真珠貝
ナット&ブリッジ:牛骨
ペグ:シャーラーM4
ストラップピン:オリジナル真鍮削り出し
ヴィンテージラッカー仕上げ
e0118307_22124540.jpg

ネックは途中で1度作り直しています。
一般的な寸法で作ったところピンと来ませんでしたが、極太ネック(個人的には「丸太」と呼んでいます)に作り変えて、弦高も高めにしたところピアノの様な豊かな響きにガラっと変わりました。それ故かなり重い。中身が空っぽなのに重いという、太・高・重の三重苦が味わえる修行僧ベースが、今ここに誕生しました。それにしてもアコベの35インチはデカい!長い!1フレットに届かない!

また、ボディバックにはエレキギターのようなパネルがありますので、いつでもボディ内部にコンニチワする事が可能。お好きなマイクを仕込んだりする時に便利なのは勿論、お部屋の掃除のついでにボディ内部にも掃除機をかける事が出来るとか出来ないとか。綺麗好きのあなたにぴったり!

とまあ、ご理解のあるオーダー主様なのをいい事に好き勝手やらせて頂きました。ちなみにオーダーを受けたのが確か2009年。7年もの間お待ち頂き本当に感謝であります。ありがとうございました。
by kotodamura | 2016-05-02 19:54 | works

218。

何事も言ってみるものです。
前回ギブミーしたからか何なのか。
今年は甘いものを色々頂きまして甘い気分です。
スイートエモーションです。

外は冬晴れ。
海も空も青い!蒼い!
e0118307_12403260.jpg
寒いけどいい気分。

いい天気でも引きこもってお仕事しませう。
e0118307_12403302.jpg

前回で3部作が終了したブリッジのおまけショット。
弦のポールエンドが当たる部分にステンのワッシャーを接着。
拙者が接着。これぞ拙着。
市販の弦ブッシュと迷ったけれど、寸法的にこちらの方がスマートなので採用。

ネックの握りはオーダー主さんの愛器を参考に。
もう少し角を落とそうそうしよう。
e0118307_12403355.jpg

客「大将、おまかせで握ってよ」
大「へい。まずはマホガニーのワンピースを握りやしょう
客「えーと、ガリある?」
大「(厨房に大声で)接点復活剤!」
客「あとサビ効かせて」
大「聴かせるほどのサビはまだでして。Bメロのハモりなら少々」
客「じゃあハモ(鱧)頂戴」
大「3度上でよござんすか」
客「サンドに出来んの?ハモサンドなんておしゃれだねえ」

寿司屋やりたくなってきた。

by kotodamura | 2016-02-18 11:53 | works

ブリッジ製作中3。

3部作最終回。
e0118307_19025624.jpg

いい感じにできました。
上の穴から息を吹き込むと、そこはアンデス。
フォルクローレ。
駅前でCD売ってますのでよろしく(よろしく?

フィッティングしてみる。
e0118307_19025650.jpg

デカい。
iPhoneくらいある。
チョコレートっぽくもある。
さぞかし甘いいい音が鳴るでしょう(願望)。

ギブミーチョコレート。
by kotodamura | 2016-02-09 18:58 | works

ブリッジ製作中2。

あちこち加工したら、
e0118307_23531265.jpg

多機能をあきらめた、らくらくリモコン風に。

おじいちゃん、テレビ観てないなら消すわよ!


by kotodamura | 2016-02-08 23:46 | works

ブリッジ製作中。

e0118307_17093680.jpg

相変わらずキラのボール盤はいい仕事します。
古くても現役選手。
by kotodamura | 2016-02-06 17:03 | works